トップページ > 当会サービス内容  > 月刊顧客アプローチセット詳細  > 最近のバックナンバーリスト

最近のバックナンバーリスト紹介

毎月月末にご提供する《月刊顧客アプローチセット》は、2020年4月末現在240号(サービス継続期間:20年間)を迎えました。最近のバックナンバータイトルを以下にご紹介いたします。

◆マネジメント・レポート 【経営者の意識を高める気付き提供レポート】

発行年月 号数 タイトル
2020年4月 240 当面の苦境克服意欲と先行き期待の素になる
“Bプラン”を持つことの重要性とは?
2020年3月 239 計画的な経営手法に対する反感から分かった
先行き改善アイデアを自然に生む秘訣
2020年2月 238 努力をしない人にも“相応の理由”があった?
従業員や関係者等に努力を促す指導法
2020年1月 237 低コストで安全性や利便性を得るために
妥当性の高い選択を容易にする方法
2019年12月 236 必ずしも“正解”に意味があるとは限らない
正解よりも“試す材料”を提供する効用
2019年11月 235 益々“先読み”が難しくなる中で
多様な経営課題に一つの道筋で取り組む
2019年10月 234 単なる安定志向では“安定”は望めない?
取引姿勢を“強気”に変える着想の転換
2019年9月 233 確実かつ効率的に動く組織の形成のために
2点に絞れる組織マネジメントの要点
2019年8月 232 意外なところにある“余裕創造”源
締切り設定法が生み出す時間的余裕
2019年7月 231 窮地さえチャンスに変える不思議な要因
人と人との共同関係の事業活性化威力
2019年6月 230 意外にも組織全体の生産性を支える
理屈では不要に見えても現実には重要なモノ
2019年5月 229 改正労働基準法施行で始まった
有給休暇“義務化”の中で見つけた好材料
2019年4月 228 人生100年時代の中でイメージすべき
事業活力を長期に維持するための大胆発想
2019年3月 227 中堅中小企業の将来性に厳しい視線が向く中で
関係先企業との共存を本気で考えるべき時
2019年2月 226 申請数が急増している自社株の納税猶予制度は
経営者独特の悩みをも解消するものだった
2019年1月 225 自宅が住人より先に老朽化するようには
事業を先に“高齢化”させない視点と方法


◆個人向け情報 

発行年月 号数 タイトル
2020年4月 240 『それは本当に“買いだめ”と言えるのか?』事件
変化の方向性を観察することに集中
2020年3月 239 『あっという間に家が一軒出来上がった…!』事件
遠い先よりも身近な問題に目を向ける
2020年2月 238 『分かっていない人ほど分かるふりをする!』事件
成果に繋がる道を探す材料収集が肝心
2020年1月 237 『“学ぶ”姿勢って“どんな”姿勢…?』事件
具体的“活用状況”をイメージする
2019年12月 236 『クジ運の悪さは“どこ”から来るの?』事件
保険を選ぶ基準となる“目的”とは?
2019年11月 235 『“知っているつもり”を疑う時も大事!』事件
目標共有と役割設定が結集力の基礎
2019年10月 234 『予防と備えとは“何がどう”違うの!』事件
安定が強いほど、実はリスクが大きい!
2019年9月 233 『緊急情報だけではどうしようもない!』事件
標準順守は自分への恩恵にもなり得る!
2019年8月 232 『熱波の中でエアコンが壊れたあ〜!』事件
考える時間の確保が堅実さへの第一歩
2019年7月 231 『2人に1人は“がん”なんて嘘?!』事件
小さな“新体験”にトライしてみる!
2019年6月 230 『ローカル・ルールが厳し過ぎる店!』事件
手間の削減と確実性維持の両輪が必要
2019年5月 229 『老眼鏡を掛けるべき年齢だって…?』事件
コンディションを“保つ”ことが重要
2019年4月 228 『“説明”を聞けば聞くほど腹が立つ!』事件
“好き”の発見が長く楽しく働く起点
2019年3月 227 『なぜ、桜ばかりで梅は騒がれないの?』事件
遺産分割の方向性は早期に決めるべき
2019年2月 226 『ラジオ体操が昔のイメージと違う!』事件
長距離は余裕をもって走ることが必須
2019年1月 225 『家の中は道路より危険だって…!?』事件
年齢期に合わせた再検討はもはや必須



◆月刊顧客アプローチ通信 【会員の皆様のための月刊機関誌】

発行年月 号数 タイトル
2020年4月 240 リスク対策発想から“プランB”志向へ
保険検討の前に“自分の将来”を考えさせる
◆ 将来を考えない人が保険を検討することはあり得ない? ◆
2020年3月 239 顧客に自分の事情を“自己開示”させるために
今“保険営業”に求められるスタンスとは?
◆ 秘密保持の約束でプロ性を更にクローズアップ ◆
2020年2月 238 努力を促す指導や心構えをテーマにしながら
保険をイメージさせる原因と結果の関係を語る
◆ 良き結果を招いた原因を感謝の視点から探し出す ◆
2020年1月 237 保険の詳細にもっと“関心を持たせる”ために
“知る努力”や“学ぶ姿勢”の効用を伝える!
◆“知らない”ことが最大リスクになりつつある現代社会 ◆
2019年12月 236 今後の企業や個人の支援方向性イメージを作るために
今後のビジネス活動の“あり方”を概観する
◆“正解よりも納得”が“なぜ”重要になって来ているのか? ◆
2019年11月 235 保険やリスクを話題として共有する土台形成のために
経営者にも個人にも語れる身近なマネジメント
◆ なぜ“私たち”はマネジメント感覚が薄いのか… ◆
2019年10月 234 安定志向隆盛の中で保険の再考を促すために
3つのリスク型を語って保険をクローズアップ
◆ 保険パワーを“交渉力”からイメージさせよう ◆
2019年9月 233 経営者にもビジネスマンにも“部下を叱れない状況”の認識が
リスクマネジメントを改めて意識する起点
◆ 叱れない状況を放置すべきではないと感じたら… ◆
2019年8月 232 顧客の目を“先行き”に向かわせるベースとしての
考えるための“余裕時間”の作り方提言
◆ 小さな発想が大きな成果の素になることもある ◆
2019年7月 231 有益なコミュニケーションのための必須要素は
相手に深い関心を抱くこと:その方法は?
◆ 保険営業にも事業の承継や生き残りにも共通する要素 ◆
2019年6月 230 先行き(老後)問題で騒然とする社会環境の中で
小事は大事の立場から保険の重要機能を語る
◆ 将来の事業活動や生活を守るのは資金額より予算機能 ◆
2019年5月 229 法人と個人、それぞれが直面する変化を捉えて
現状を再考することから保険検討の糸口形成
◆ 法人の有給休暇を取得させる義務と個人の健康意識 ◆
2019年4月 228 “一発勝負”的には生きにくい“長寿社会”で
長く活動を継続するために不可欠な心の要素
◆ 企業“売却”の明るい側面 ◆
2019年3月 227 社会風潮を題材にして生命保険提案基盤を作る
比較的軽い“相互支援”体制が今後のキー
◆ 軽いけれども効果的な“支援”を獲得する最低条件は… ◆
2019年2月 226 急増する“自社株にかかる納税猶予”申請実績の中で
実態に合わせた事業承継検討と保険提案
◆ むしろ企業経営者が“長く”働くための事業承継 ◆
2019年1月 225 長過ぎる老後に保険対応は焼け石に水とは言わせないために
顧客に“人生の2つの山”を意識させる
◆ 老“後”という発想自体が今や問題の根源? ◆



                     ⇒月刊情報サンプル申込み


ページトップへ戻る
Copyright(C)2013 CIBE Editorial Institute, Ltd. All Rights Reserved.